大阪神待ち掲示板

大阪神待ち掲示板で帰省中19歳女子大生をゲット

現在31歳で大阪市在住の男性会社員ですが、つい先日神待ち掲示板で地元に帰ってきて暇してる19歳女子大生をゲット出来ました。

 

その日は平日の夜23時過ぎだったんですが、暇で神待ち掲示板を見てたんです。そしたら19歳女性の書き込みがあったんで即連絡を入れてみました。
こういうのってほとんど返事は返ってこないものなんですが運よく返事が来たんです。
やり取りしてるうちにわかったのは、大阪の大学に通ってて今テスト休みで暇なので帰省して実家に戻ってきたのはいいものの暇で暇で仕方がないってことでした。
しかも両親は旅行に出かけてしまって(元々そういう予定だったらしい)暇な上に寂しいし気兼ねなく外出出来るので羽を伸ばしたいってことでした。
じゃあ今からでも良かったらどう?とダメ元でお誘いしたところ、暇だしいいよって返事が来ました。
ちょっと出来すぎだなって思ったんですが携帯番号交換してくれたので、あ、これマジくさいって思って待ち合わせ場所まで向かいました。

 

待ち合わせは彼女の自宅近くの駅(六十谷駅)の前なんですが、待ち合わせは0時30分という夜中ですし小さい駅で電車もない時間なので人っ子一人いないさびしい状態でした。
駅前の駐車場には私の車1台あるだけで、番号交換したから来たもののほんとに来るの?って感じでした。
到着したって連絡を入れると、今から家出るとこだから迎えに来てくれる?って言われ彼女から電話で道案内されながら進んでいくと前から若い女性が手を振って歩いてきます。
ここでやっと彼女と合流できました。
彼女の外見ですが、髪の毛はセミロングよりやは長いぐらいで少し茶色に染めてるぐらい、服装は黒のコートに下は茶色いセーターとスカートに黒タイツなんですが、胸がかなりあるのでセーターでものすごくエロくみえるんです。
胸の強調とセーターのせいかムッチリしてるって印象を受けました。でも身長163cmぐらいで体重55kg前後ぐらいに見えたので太ってるってわけでもなく、なかなかのエロ体型でした。
顔は普通、体は上物、こんな感じです。

 

すぐエッチしたいと思いましたが、ここでガッツいて失敗してはいけません。
まずコンビニで食べ物tと飲み物(彼女はアルコールです)を買って深夜のドライブに行きました。
出会い系サイトは結構やってるので、深夜のドライブも慣れたもんで今回は夜景がキレイなとこにいきました。
大阪市から少し離れることになるんですが、隣の市に粉河ハイランドパークっていうのがあるんです。
ここは山の上にある施設で昼は家族連れ向けのところで景色もいいんですが、夜になると絶好の夜景スポットになるんです。しかもかなり山の上にあって行き辛いのもあって夜になると人気がほとんどないので女性を口説き落とすには絶好のポイントなんですが、今回もここに連れ込みました。
展望台に連れていって夜景を見ながらギュっとしてキスをすると、嫌がるどころか舌を入れてキスし返してきました。
キスをしながら彼女の声がん、んっと漏れるんですがこれがなんともエロイんです。
車に戻ってお触りタイムをするとすっかり彼女はその気になっていたので、ここじゃなんだし場所かえる?ていって山を下って麓のラブホまで行きました。

 

今回利用したのは堺市にあるラブホです。大阪府へと続く道にラブホが数軒並んでるとこがあるんですがここを利用しました。
すでに彼女は出来上がってるので入室してすぐにコートを脱がしてベッドに行きました。
セーターは着せたままブラジャーを取り、服の下から手を入れて生乳を楽しみました。せっかくのエロセーターですから脱がすわけにはいかず一回戦は着衣エッチでチャレンジしました。
さすがに下はタイツもスカートも脱がしましたが、パンティは履かせたままアソコ部分を横にずらして生挿入しました。すでにトロトロのアソコで汁がすごい絡み付いてきてあまりの気持ちよさにすぐイキソウになりました。
さすがにここで行くわけにはいかずとがんばったんですが、10分ぐらいでイッテしましました。
ここで終わってはもう会ってもらえないしやりたいないってことで、私はイッテからも彼女を愛撫しつづけそのままお風呂でローションプレイで時間を持たせてから2回戦をしました。
さすがにさっきイッタばかり出し無事イカせてから2回戦終了、ここでやめようと思ったんですが彼女がエッチを終えてから服を着てるのを見てまたムラムラして3回戦も。
エロセーターの力はすごいですね。
この3回戦目が効いたようで、すっかり満足してくれ帰省中は暇だからまた会えない?とお誘いの言葉までいただきました。
私としても後腐れなく遊べる相手ですし、期間限定つきですがセフレとして楽しませてもらってます。大阪神待ち掲示板

 

大阪神待ち掲示板でうまく行く人、行かない人の違い、それは会話です

 

30代女性で神待ちをしてみようと思っている方へ。

学生時代の友人や職場の方で成功している女性を見てどんな秘密があるんだろうと思っていませんか?
神待ち掲示板でうまく行く人の特徴は、会話にあります。
今日は、成功する会話についてお話します。

 

聞き上手になろう
聞き上手な女性は、一緒にいて男性はほっとして心地いいものです。
外見がいい女性は恋人にするには魅力的ですが、毎日暮らすとなると、心地がいい癒し系の女性が好まれます。
まずは相手の話をしっかり聞くことからスタートしましょう。
結論はなくてもいい場合があります。
聞いてくれるだけで、安心して元気が出るのです。

 

趣味を否定しない
男性は、思った以上に趣味に熱くなります。
結婚するとできなくなるとどうしても結婚に魅力を感じなくなります。
あまり高額な趣味は困りますが、お小遣いの範囲内ではできるだけ認めるようにしてあげてください。
もちろん、あなたが我慢できる範囲でいいのです。
現在の30代の女性の父親は、趣味よりも仕事に生きた男性が多いです。
しかし現在の独身男性は、仕事と趣味、両方手に入れたいのです。
絶対に否定しないで、興味がなくても、話を聞いてあげてくださいね。

 

料理が好きだとさりげなく言う
自慢はだめですが、料理は好きでいつも作っていることをさりげなく言いましょう。
男性は、美味しいものを毎日食べたいのです。
女性の手料理は、婚活の成功に欠かせないことです。

 

今回は会話について、お話しましたがどんな話も明るい笑顔で話す女性は婚活に成功するチャンスが多くなります。

 

神待ち掲示板体験談

東京で出版社に勤務している40代の男です。
五年前に妻と離婚してからというもの男ばかりの会社のため、出会いというものはほとんどありません。
加えて給料も出版不況で下降気味でした。家に帰れば少し一人暮らしには少し広すぎるマンションに帰り、一人買ってきた弁当を食べる毎日に嫌気はさしていました。
ある時、雑誌を眺めていたところとある出会い系サイトを発見しました。

 

無料でポイントがつくというのでものは試しとばかりに簡単なプロフィールを書き、数人の女の子にメッセージを送りました。
20代前半の女子大生で雰囲気は女子アナのようなみなみちゃん。
20代の後半でOL、バリバリ仕事ができそうな百合子ちゃん。

 

そして20代前半で看護師だけどギャルっぽさが抜け切れていないあいちゃんの3人に送ってみました。

 

メッセージが来たのは20代の女子大生の子でした。
彼女は就職活動で悩んでいるようで、私が出版社に勤めていると書くと「私もマスコミ志望なんでよかったら、色々教えてください!」と可愛い絵文字付きで送ってきました。
私は「色々教えてあげる」と送りました。
その後、無料ポイントがなくなるのでラインでしない?
送りました。みなみちゃんは大丈夫ですよ。
とラインアドレスを交換しました。
その日からみなみちゃんと色々な話をしました。
大学の事、就職活動のこと、恋愛のこと……。様々な事を話しました。
サイトで写真は見たものの実際に会ってみたいという気持ちが日に日に膨らんできました。
みなみちゃんと知り合ってから1週間後私は意を決して言ってみることにしました。
5年間女性と何もなかった私が思いきって言おうとしたのも理由があります。
知り合って3日目くらいだったでしょうか。
みなみちゃんは尋ねてきました。
「結婚とかしているんですか」
「5年前に離婚していまはいないんだ」
「出会いとか出版社だったらあるんじゃないですか」

「それが全然ないんだよ」
「え〜ホントですか〜? なんか私の想像ではすごくモテそうな感じがします」
「もう40台のおっさんがモテわけないでしょ」
「そんなことないと思いますよ〜」
「みなみちゃんは、40代のおっさんはどうなの?」
「なんか頼れる男性って感じで良いと思います」
私は3日前の会話を思い出し恐る恐る聞いてみました。
「今週の日曜、遊びに行かない?」
少しの沈黙の後彼女の声が携帯越しから聞こえてきました。
「はい。いいですよ」
「やった!」
「そんなに喜ばないでくださいよ」
どこか笑みの含んだ声が聞こえてきました。
みなみちゃんの家から近い待ち合わせを午後の18時池袋のサンシャインにしました。
私はそわそわしながらみなみちゃんを待っていました。
彼女は花柄のワンピースにブルーのジャケットを着てくるとのことですか。

私は土曜日の人ごみの中、目をさらにしてみなみちゃんらしき女の子を探していました。
「あ、あれかな!」背中くらいまでの髪の毛に指定してきた服を着た女の子が一人きょろきょろしながらこちらに向かって歩いてきます。私は意を決して尋ねてみました。「みなみちゃんですか?」

 

突然話しかけられ驚いた顔をしましたが、私の声を思い出したのか「貴史さん、ですか?」私は「初めまして」と答えると「はじめまして。みなみです」と聞き覚えのある甘い声で答えてくれました。

 

すぐに予約していたフレンチの店に向かいました。

 

1週間ほど毎日のようにラインをしていたのにも関わらず私たちは会話が途切れることなく話していました。

 

その後、プラネタリウムを見て、池袋駅まで歩いているときでした。
別れの言葉を口にしようとしたとき、彼女は突然言ってきました。
「今日、本当は行くの止めようと思ったんです」
私は驚いて彼女を見ると、彼女の目じりに涙が溜まっていました。
「今日、第一志望の会社に落ちちゃったんです。あまり貴史さんと会う気分になれなかったんです。でも……。貴史さんといるのがホントに楽しくて落ちた
ことも忘れちゃうくらいだったんです」

 

無理やり微笑していました。
「家に帰って一人だと耐えられないかもしれません」
みなみちゃんは私の手を強く握ってきました。
人ごみの中だったからなのか、みなみちゃんの声はか細く、今にも消えてしまいそうな声で私に言ってきました。
「私の部屋に来ませんか」みなみちゃんのアパートは私鉄で池袋から10分ほどのところでした。
途中でビールやつまみ下着などを買ってみなみちゃん宅へ向かいました。
綺麗に片づけられていて、すぐに女子大生の部屋っていう感じがしました。
買ってきたビールを空け二人で飲んでいるとすぐに私はムラムラとした気分になってきました。
みなみちゃんのほうも目がとろんとなっていて、履いているスカートからピンク色のパンツが見えていました。
私は我慢できずにみなみちゃんを抱きよせました。若い女の子独特の甘酸っぱいにおいがしました。
離婚して5年、女の身体を触れていなくて自分の息子は活躍できるか心配しましたが、そんな心配無用でした。
みなみちゃんの膣は、名器と言われるかずのこ天井でした。
入れた瞬間、愚息を巻きつき絡みとってくるくるかのような快楽に襲われた瞬間、1回出してしまいました。
しかし2回目は若干持つことができました(笑)
それから帰るまでにリビングで2回、お風呂で1回、帰り際に1回の合計4回。
みなみちゃんも「またするの〜」と呆れていましたが、いきり立った息子を鎮めるのには仕方のないことです。

その後みなみちゃんは偶然、私の会社に入社が決まりました。
そしてちゃんとお付き合いをすることになりました。
今はみなみちゃんの家に行ったりみなみちゃんが私の家に来たりと半同棲のような生活を送っています。


更新履歴